サブリース被害対策専門弁護士

全国の不動産のエキスパートを国土交通大学校で養成している実績のある不動産専門弁護士が、サブリース被害の問題に本格的に取り組んでいます。不動産に強い弁護士は法律事務所ロイヤーズロイヤーズにお任せください。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズは借金整理に経験豊富な弁護士が、なるべく借金を返せるように取り組んできました。その実績は、100%に近く、借金をきちんと支払って終わらせる方法に成功しています. 。■a> ■■解決の第一歩はここをクリック■相談料無料

アパート経営の失敗からくる借金のご相談は、着手金を経済的利益の1%、報酬金を2%にして、生活の更正のために応援します。(大方の法律事務所では、着手金は経済的利益の5%報酬金は15%です)


キーワード: 自己破産 サブリース被害 借金整理


7件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[7] 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの取り組み

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月19日(火)18時22分35秒   通報   返信・引用

【法律事務所ロイヤーズロイヤーズは借金を返すために頑張っている方を応援します】
借金を返済しているのになかなか借金が減らないのはなぜ?
それは、返済金が金利に充当され元金には少ししか充当されてないからです。極端な例ですが現実にあった話です。15万円を信販会社から借りて、本人は少しづつ返していたといいます。しかしご相談に来たときは、「絶対おかしい。15万円しか借りてないのに、残金が元金を超えている」といってご相談されたのですが、それはあり得るのです。つまり借りたお金が少なくても、毎月の支払いが金利より少なく、また毎月きちんと返済していなければそうなってしまいます。

要するにお金を借りても、頭では金利を付けて返すことは理解できても、現実に50万円を借りて毎月8000円づつ返済したとすると金利は104万円支払うことになるのです。嘘のようなホントの話です。債務整理とは、この例でいうと104万円をカットして50万円だけ返済して終わりにさせる方法をとるので、返せないといって何年もたってしまうより、たとえ新たな借り入れはできなくなったとしても自分で払っているより弁護士に借金の整理をしてもらったほうが、生活の立ち直りは断然早いのです。しばらくは借りられないなどと言っても、4、5年たてばまた信用は復活します。そんなことを考えるより、返せなくなっている状態ではすでに情報機関ではブラック扱いになっているわけですから、今さらそこまで考える必要はないでしょう。

http://6161.jp/



[6] アパート経営の落とし穴

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月14日(木)13時07分31秒   通報   返信・引用

サブリース会社は、入居者が支払った家賃を受け取り、各種手数料を差っ引いた残りを家主(オーナー)に支払います。
当たり前のことですが、賃料が入ってこないとオーナーに入ってくる原資はありません。「入居者がいなくても家賃収入が保証されるのであれば損はないはず」と思う人が多いかもしれませんが、そんなうまい話はありません。しかし実際にそう思って契約をする人もいたので問題になりました。ニュースでも聞いたと思いますが、スマートデイズ社が提示していた賃借料は、一般のサブリース契約よりも高めの設定がなされていました。しかし、実際は、賃料不足により、一方的に賃料収入を減らされ、最後は支払われなくなってしまったのです。
スマートデイズ社だけの問題ではありません。

http://6161.jp/



[5] アパート経営者になる前の注意事項

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月12日(火)13時37分32秒   通報   返信・引用

?あなたがマンション投資などの営業マンから、何か勧誘を受けた場合は、相手方が【賃貸住宅管理業者登録制度】に登録しているのか確かめてみることから始めてください。

契約の前に

サブリースに関する登録制度の主なルールを事前にチェックすることが肝要です。
?重要事項の説明
サブリース契約の契約前に、将来の賃料の変動の条件等の重用事項の説明を行い、書面を交付します。重要事項の説明は、一定の実務経験者当が行うことになっています。重要な部分は「契約書」に将来の賃料の変動の条件の記載等が、どのような起債になっているか、重要事項の説明と相違はないか、また抜けてないかを確認することです。わから明確でなければ契約しないと決めて、その場で契約をしないことです

http://6161.jp/



[4] (無題)

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月 8日(金)14時01分47秒   通報   返信・引用

シェアハウスの落とし穴

最近、首都圏を中心として女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開するスマートデイズ(東京都所在)が、サブリース(注参照)賃料の支払を停止しました。高金利のフルローンで1億から3億程度の物件を購入したオーナーは、約700人を上回るようです。
この支払停止により、多くのオーナーが自己破産を余儀なくされているようですが、このような惨めな目にあってしまったのはなぜでしょうか。先ずは、投資をする際には自分ひとりで決断するのではなく、誰かに相談する事が必要です。
とくに、投資額が多額に昇る場合や、投資対象がまだ確立していない場合(本件がこれに該当するでしょう)。あるいは、投資対象が複雑であるような場合などには、注意を要するでしょう。当事務所の弁護士は、「予防法学」を旨として、紛争にならないうちに色々な検討をしていくことの重要性を認識しながら、これを
実践しています。難しい投資にかかわり、人生における大失敗のないようにすべきです。次に、投資をする際には、自己の収入の2割かせいぜい3割程度にとどめておくべきでしょう。これを越えての投資は、人生を破滅に陥らせる恐れが多分にあるものと思われます。

(注)サブリ-スとは

 上でのサブリ-スとは、例えば、A所有のマンションを一括してB不動産賃貸会社に貸し付けます。B会社は、Aに当該マンションの入居状況とは関係なしに、1棟につき1ヶ月いくらの賃料を支払うと言う契約を結びます。
そして、B会社は、個々の部屋ごとに賃貸していきます。

このような契約を、サブリース契約と言っています。

http://6161.jp/



[3] サブリース契約の注意点 その1

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月 4日(月)16時52分54秒   通報   返信・引用

国土交通省では、賃貸住宅管理業の適正化を図るため、平成23年から任意の登録制度として賃貸住宅管理業者登録制度を実施しています。
賃貸住宅管理業者登録制度では、サブリースを含む賃貸住宅管理業の遵守すべきルールを設けており、登録業者は、このルールを守らなければなりません。
?あなたがマンション投資などの営業マンから、何か勧誘を受けた場合は、相手方が【賃貸住宅管理業者登録制度】に登録しているのか確かめてみることから始めてください。
契約の前に
サブリースに関する登録制度の主なルールを事前にチェックすることが肝要です。
?重要事項の説明
サブリース契約の契約前に、将来の賃料の変動の条件等の重用事項の説明を行い、書面を交付します。重要事項の説明は、一定の実務経験者当が行うことになっています。重要な部分は「契約書」に将来の賃料の変動の条件の記載等が、どのような起債になっているか、重要事項の説明と相違はないか、また抜けてないかを確認することです。わから明確でなければ契約しないと決めて、その場で契約をしないことです。

http://6161.jp/



[2] サブリース契約とは

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月 1日(金)15時09分26秒   通報   返信・引用

今日から、「国土交通省がサブリース契約に関するトラブルで注意喚起」を促すまでになっているサブリース契約の主な注意点を書いていきます。
まず初回は、サブリース契約についてです。
サブリース契約とは、賃貸事業者(サブリース会社)が建物所有者(オーナー)から建物を転貸するために借り受けて、これを第三者(入居者)に転貸する契約のことをいいます。
〇サブリース契約は判例によると「、建物を使用させて賃料を受け取るのだから賃貸借契約であり、したがって借地借家法の適用を受ける」としています(最高裁判所平成15年10月21日判決)

サブリース契約の典型例は、一棟貸しで定額のサブリース賃料が定められているタイプです。マンション1棟を対象とするものが典型例ですが、中には1室のみを対象とするものもあります。 賃料の定め方も、「賃料は保証します」(保証賃料と呼ばれることも)などと借上賃料の額を一定の額に定めるものや、転貸賃料合計の何%と割合によって定めるものもあり、サブリース会社(管理会社)によっていろいろな形態があります。 「安心の一括借り上げ」「空室保証」などのうたい文句は、サブリース契約です。

http://6161.jp/



[1] (無題)

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 6月 1日(金)14時10分29秒   通報   返信・引用

国土交通省土地・建設産業局不動産業課長から各業界団体の長あてに「サブリース事業に係る適切な業務の実施について」(国土動指第3 3 号平成27年7月29日)が、 さらに 国土交通省「サブリースに関するトラブルの防止に向けて」(H28.9)平成28年9月1日付で,国土交通省から「サブリースに関するトラブルの防止に向けて」が公表されました。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズは不動産に関する専門の知識(駿河大学名誉教授)を教授するため、国土交通大学校・一般社団法人全国建設研修センター・青森県立保健大学の講師を務めるかたわら、日本全国幅広く不動産のトラブルの講演活動を実施しております。空き地の活用・公共用地・サブリースに関するトラブルの解決のエキスパートとして、サブリースによって借金にお困りの方に1日でも早い立ち直りを実現します.
■相談料は何回相談されても解決するまで無料です。

http://6161.jp/


7件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.