teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 6月 6日(火)09時35分3秒
返信・引用
  これはイタリア映画。
随分荒っぽいお話と作りな映画でしたね。
主人公にもいっちゃってる女の子にも共感できない。
主人公はチンピラなので、まだしも、すさんだ性格もわかる。
鋼鉄ジーグが大好きな女の子の設定ががっかり。
ただのキチガイだもんね。
もう少し、かわいいところがあると良かったんだけれど。
どのセリフも、ああーあな感じさ。
女の子が死ぬ間際に、主人公に「正義の味方」をけしかけたところだけはね、
まあ、正当かな。
唯一流れとしてはそうだよね。
全体に突っ込みどころ満載でこんな雑な脚本がイタリア人にはウケるんだろうか?
全く乗れなかった。
でも、始終ついてまわった猥雑さとでもいうのかな
その汗臭さみたいなエネルギーは感じてた。嫌いじゃない。
幼稚さがかわいかったのかな。
でもこれ大人がまじめに作るかあ?
もう少し超人的な、やるじゃんって見せ方があればよかったよね。
CGなんていらんけどね。

主人公は、盗んだお金で購入したビデオプロジェクターで大画面に
鋼鉄ジーグを映してるとき、女の子とやおらHしたくなった。
男がそういう雰囲気を出したとたん、女の子が敏感に察知して拒否した。
あのパニクリ度はこりゃあ、死んだギャングの父親と近親相姦だったかなと
よからぬ妄想を抱いてました。

出来栄えのアララな感じも想定内です。
やっぱりって感じ。
日本の魔法少女アニメからインスピレーションを得た不思議なフランス映画もあった。
日本のアニメは世界ではちょっと特殊な文化としてみられてる節がある。
そういうわけでこの映画も好きですよ。
だって日本をある意味認めてるってことでしょ?大きな勘違いであっても(笑)。
それでも楽しみにしていた映画です!
 
 

『夜明け告げるルーのうた』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 6月 1日(木)18時23分46秒
返信・引用
  湯浅政明監督作品。

同監督作品『夜は短し歩けよ乙女』という漫画原作の作品を先に1本観た。
原作からだけではない独特の作風がこの監督にはあるんじゃないかと思った。
その感じはやはり今回も色濃く出ていて、あーなるほどと思った。
キャラデザインもグラフィックデザインのようで平面性が高い。
あまり描き込んでいない。
今風のかわいいアニメキャラではないのだけれど、心に残る。
これは好き嫌いが分かれるところだろう。
多分ダメな人には全くうけつけないのではないかと。
実は、予告の段階で僕もちょっと、と思ったくちです。
でも作品を観ててだいぶそのアレルギーは払拭された。
お話が楽しかったのかな。

良い作品だと思う。
 

『フレンチ・ラン』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 6月 1日(木)18時07分1秒
返信・引用
  『パシフイック・リム』の指揮官の黒人俳優が主役やってた。
そんなにお金かけてないが全体に小気味よい秀作でした。
嫌いじゃない。
☆4に近い☆3.5
 

『追憶』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 5月29日(月)17時12分19秒
返信・引用
  岡田准一と小栗旬そして柄本佑。
秘密を胸に3人の幼馴染は2度と会うことはない。
3人はそれぞれの道をゆき成人するが、
どこかに罪の意識を残していた。果たして3人の運命は?

土砂降りの雨、海を抱えた田舎、貧乏、親が二人そろってない。
スナックの2階、薄暗い部屋では入れ墨者が幸薄い女を抱く。
女はどこまでもその男に追い回されることになる。
あー、日本の不幸の物語は今ここから紡ぎだされてゆく。

意外と浅いお話でした。
岡田と小栗は2枚目、柄本は脇役だった。
見事に男前がお話しの中心なんだねえ。
あんまりの構図だなあ。

☆2.5。
3まではいかないな。
 

『美女と野獣』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 5月 8日(月)00時48分33秒
返信・引用
  人間の王子が魔法使いにかけられた呪いによって、今、「野獣」に変えられるところを観たかった。
人を寄せ付けないほどの醜い「野獣」が観たかった。
それなのに・・・・。

オリジナルのディズニーアニメ『美女と野獣』を観てもこんなもの?と思ってしまった自分には
アニメをなぞって造られたような実写映画はしょせん感動の作品にはならないなあ。
なぜあんなに会場が満員になるほどのヒットをしているのか分からなかった。
座長の眼力を信じたのにw。

良かったのは、小さな村を可愛く造りこんでいたところ。
すっかりバラの花が散った後、家財道具たちが次第に物そのものになりきるところ。
悲しげで。
この2点かな。
 

『グレート・ウォール』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 4月18日(火)00時07分16秒
返信・引用
  『グレート・ウォール』はチャン・イーモウ監督がマット・デイモンを擁して
作った偽歴史超大作かと思えば…!びっくり仰天!こんな映画だったか!
ああ、くだらなくて面白かったあああ。
☆4に近い3.5。
4でも良いけれど…。さすがにねえ。

映画界では、最近どのハリウッド映画の超大作にもチャイニーズマネーが絡んでいて
必ずと言っていいほど舞台の1部が中国だったり、中国系の俳優が主な役柄だったりと
随分幅を利かせているね。
今回は、ハリウッドスターを使ってほとんど中国資本で造った感じでしょうか。
うーん。すごい勢いですな。
 

『キングコング髑髏島の巨神』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 4月 3日(月)12時53分59秒
返信・引用
  出たー。
すげー。でかいなー!
変な怪獣ぞろぞろ。
死んだー。殺されたー。
あー、サミュエル・L・ジャクソンがああああ!
面白くないことないけど…。
☆3こかなあ。
何を期待してたんだろう?
大好物の映画なのになあ。
ジョン・C・ライリーが良い。ぶっさいくなおっちゃんなのになあ。
好きです。

エンドクレジットのあと大変なことが!!!!!!
最後まで席を立たないでね。
 

『トリプルX:再起動』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 3月23日(木)17時16分39秒
返信・引用
  めちゃくちゃ激しいアクション。
楽しかったなあ。
ヴィン・ディーゼルがかっこいいんだけれど、
筋肉質というより
中年太り気味じゃあないの?(笑)
でもいいよ。
スカッと楽しい☆4つ!
何にも残らないのも大事だよね。

・・・・・・・・・。
なんだろう中国資本はうざいなあ。
 

『ネオン・デーモン』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 3月16日(木)23時01分1秒
返信・引用
  フォトジェニックな美しい一品。
物語に確たる整合性と内実を支えるだけのお話が無いのを
気にしたら、この映画はみれない。
美しい構図、配色、女性を盛り立てる1級品のインテリア。
女性の美しさへの執着と残酷さ、更にはファッション業界に
ある薄っぺらな消費の構図がこれでもかとばかり示される。
真逆の場末のモーテルでのエピソードは逆光のように
セリブリティを匂わすファッション界を照射する。
いや暴力でうそ臭さを射抜く。
暴力はやがて彼女たちに伝染し、破滅と言う名の衣装をまとい
包丁を振りかざし真白いランウエイを赤く塗りたてる。

美しいモデルたちの肢体をあますことなくなめ回し
僕は画面に焚かれる洪水のようなフラッシュに身を委ね、
いつしか桃源郷に彷徨っていた。
ZZZZZZZ.。
大満足の☆ひとつ!!!!!!!!!!!!!!

糞映画ですね。
 

『アサシンクリード』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2017年 3月 4日(土)01時40分54秒
返信・引用
  予告編がかっこいいので大変期待してた。
なんだかなあという感想。
その分星をあげられない。
2.5だね。
 

レンタル掲示板
/45