teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/441 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『去年の冬、きみと別れ』

 投稿者:イケちゃん  投稿日:2018年 3月17日(土)15時13分13秒
  通報 返信・引用
  『去年の冬、きみと別れ』
この情緒的な題名から遥かに乖離した内容の映画でした。

「炎の中、人はどんなに美しいか?!」
そう狂気のカメラマンはシャッターを切る。
新進の若いジャーナリストは、このカメラマンの真実を
あばこうと取材を申し込む。
そのうちにジャーナリストの彼女がカメラマンの手に落ちる。
「彼女は自分の意思でここに居るんだよ。」
カメラマンに軟禁されている????
さあ大変!
彼女がカメラマンに焼かれてしまう……!

悪くない。
よく練ってあるお話しです。
でもどんなにうまく予想を裏切る物語でも
この映画は観ていくうちに心が萎えてくる。
人を殺す話だから?
違うな。
死ぬほど殺伐とする映画もいくつも観てきたはずだ。
じゃあ、そのカテゴリーの映画として認めればいいじゃない?
ところが、なんかしっくりしない。
終わってみれば、
ああこういうお話だったのねとがっかりしてる。
自分がこの映画に期待していたものは
もっと漫画的な猥雑なものだったと気が付く。
この主人公はあまりにまじめで一途な恋をしていた。
そのことに対して自分の下卑た期待が肩透かしを食わされた。

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/441 《前のページ | 次のページ》
/441