法律事務所 ロイヤーズロイヤーズの■借金整理革命■

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの■借金整理の革新的方法■により借金を無理なく消滅 弁護士が直接回答します ■■解決の第一歩はここをクリック■無料

借金と本当に決別したいと思っている方、なんとなく毎月返済しているが借金が減らないと嘆いている方に、法律事務所ロイヤーズロイヤーズは革新的な方法で借金をなくします。 ■お手軽で無理のない借金整理・しかも完済書を取り寄せるまで弁護士がフルサポート。これは法律事務所ロイヤーズロイヤーズだからこそ画期的な借金整理方法です。 それは、今までのリボ払いの金額と同じかそれより少ない金額(実行金)をあなたに決めてもらい、その金額を今度は法律事務所ロイヤーズロイヤーズに入金する. 実行金は返済金と弁護料に振り分けられ必ず終わりがくる。しかも■無利息■だから払い過ぎもなく損することもない。実行金の明細は翌月初めにメールで届く借金がなくなると完済書を弁護士が取り付ける. 万が一入金が遅れても弁護士が交渉する. だからイヤな思いはしなくてすみます。


カテゴリ:[ 家計/貯蓄 ] キーワード: 借金 弁護士 相談


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[15] 借金整理とはどういうこと?

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 5月 9日(水)22時04分35秒   通報   返信・引用

今日は、未払いになった金利について。毎月の返済には元金に充当される分と、金利に充てられる分があります。当然知っているようで実は全く分かってないのが現実。
「まったく私には関係ないこと」と思っている人に限って「どーして?」てことになる場合があります。毎月の返済額を少なくしようと思ってそれができるとホッとするのも人情。それでやめとけばいいのに、余裕ができたと思ってまたショッピングを重ねているうちに、「どーして?」」ということに。つまり月の返済額が少なすぎると、借金が増える場合があるのです。嘘のようなホントの話。からくりは金利にあるって知ってますか?

http://6161.jp/



[14] ショッピングはリボ払い?

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 5月 1日(火)16時11分43秒   通報   返信・引用   編集済

借金の始まりは、人によって様々です。しかし最近はちょっと昔とは違うなと感じます。
 ?まず、借金が恥ずかしくなったこと。そして今では誰でもクレジットカードでショッピングしているし、借金のない人はいないくらいです。
?返済方法も今はリボ払いが主流です。しかも返済がきつくなったら返済額の設定が自分で選択して選べるようになっているのですから、返済額が少なくなって助かったと思って、また余裕ができたところでショッピングを繰り返す。これこそ、借金地獄の構図です。
 金利はリボ払いの場合、意外と高額です。おおよそ15%前後といった設定です。毎月の返済額が少なくなると、元金どころか金利しか返済できない場合、借金は一生付きまとうことになります。それどころかさらにショッピングをして借金が増えたら、金利も払いきれず金利が増え続けることになります。
 いつのいまにか借金漬けになっている自分を発見することになります。はっと気が付いたら、すぐに弁護士に相談することです。借金の整理はプロに任せるのが一番安全で借金が早くなくなる最短方法です。
ちなみに、50万円を借りて毎月7000円を返済していく場合(金利15%)、いくらで借金がなくなるかというと132万891円支払って終わり(完済)がくることになります。15年8か月です。長いですね。
 カードローンの場合でも「最初の3か月は無利息」なんて甘い言葉を信じてはいけません。昔から甘い話には裏があるのですから。

?

http://6161.jp/



[13] リボ払いは危険

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 5月 1日(火)15時37分46秒   通報   返信・引用

インターネットで「クレジットカード」と検索すると、目に飛び込むのは「3か月無利息」などと金利ゼロの広告。金利ゼロで、特典もあるとなると誰もがちょっと心を揺さぶられる。1万円分ポイントがもらえるとなると、確かに5万円の買い物をして、翌月5万円を支払えば、1万円のキャッシュバックで1万円得したとなる。しかし、翌月5万円を返済すればである。翌月に5万円を返済せず、1万円だけにして、買い物を増やしたらどうだろうか?そこにリボ払いにしませんかと勧誘してくる。そしてちょっと毎月の支払いがきつくなったなと思うと、返済額を下げることが可能だと勧誘してくる。返済額が下がると、余裕ができてまた買い物をする。また借金が増える。金利は15%で増殖し続けるのである。こうして借金地獄に引き込まれる。だからリボ払いは危険極まりない借金地獄の入り口なのである。

http://6161.jp/



[12] Re: 前借

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 4月25日(水)15時21分20秒   通報   返信・引用

>会社の前借も債務になります.
自己破産をすれば、なくすことはできますが、そのまま勤務していることは難しいのが現実です。たいていは解雇になると思ってください。
他にある借金のために会社から前借したというのであれば、
会社にもばれないで、債務整理することをお勧めします。■任意整理という方法です。
借金を債務整理して毎月の返済額を少なくしてもらうと、会社に返していくことができるのではないでしょうか?
会社をクビになりたくないと思っているのであれば、精魂込めて働き、少しづつ会社に返していくことです。
一度具体的に借金の内容を弁護士に全部話して解決策を考えてもらうのが、一番です。
当職では、状況がわかるとより親身になった解決策をご提供できます。
http://6161.jp/informatin_request.htmlにアクセスしてください。解決策をご提案します。無料です。

http://6161.jp/



[11] 前借

投稿者: 名無し 投稿日:2018年 4月23日(月)23時49分40秒   通報   返信・引用

会社の前借も債務になりますか。
そうだったとしたら、無くすことができますか。
で、会社にもばれないですか。
会社をクビになりたくないので、アドバイスお願いします。



[10] セクハラ疑惑

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 4月23日(月)17時23分19秒   通報   返信・引用

セクハラについて
かってから、セクハラ問題は存在していましたが、当職がこの問題でご依頼をいただいた経験からすれば、企業内でのセクハラがほとんどでした。ところが、近時、財務省の高官がセクハラ問題を起こし、にわかにセクハラの話題が増えてきましたが、国民の信頼を受けて行政を行う役人とくに政府の高官がセクハラをするとなれば、話題も沸騰するのも当たり前だと言えるでしょう。しかも財務事務次官ともなれば、他の省より株価の問題もあり問題は大きいでしょう。
「セクハラ」とは、英語のセクシュアル・ハラスメントの略語で、性的な嫌がらせをする事です。性的なやりかたで身体に触る嫌がらせ(身体的な接触による嫌がらせ)のみならず、言葉による嫌がらせも含まれます。例えばみだらな誘いをしたり、みだらな誘いを拒否すれば、今後仕事に支障をきたすなどとのおどかしの文句を言うなどです。
当職が少年時代には、セクハラなどということは、耳にしていませんでしたが、昔からこういった行為はあったのですがそれが表面化してもさほど問題にならないところが問題でした。今日ではあたりまえのようにセクハラと言う言葉は聞くようになりましたが、問題はそういった性的な言葉を安易に口にするということ自体、慎むべきと認識できない「男性」たちの意識の低さに問題があります。
しかもこういった問題を民事に押し付けることが問題と考えます。
 ところで、本当にそのセクハラの深刻度は昔も今も同じかといえば、そうではないような気がします。深刻度は増加しているのではないでしょうか。いくらなんでも昔は学校の先生といえば、みんなが尊敬のまなざしで、冗談なんか言わない先生ばかりです。ましてやそんなみだらな言葉を口にすることなど、信頼関係があるからこそ、信頼に応えるべく清廉潔白としたものです。今回明るみになったハラスメントが事実だとすると、憲法改革や民法改革の前に、みんなで意識改革、中曽根先生の言ったとおり「修身」が先ではないかと深刻に考えた次第です。

http://6161.jp/



[9] シャエアハウスの投資

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 4月18日(水)15時53分40秒   通報   返信・引用

 当たり前ですが、先ず基本的には債務を負わないように、日々努力する事がが肝要です。「借りたものは返す」が資本主義の基本ですから。初めから高利貸しにお金を借りに行く人はまずいませんが、まじめな人ほど悩みぬいた末に、ヤミ金から…というケースは多いものです。借金をするにしても、高利の利息を払うような借金とくに「ヤミ金」とは絶対にかかわらないようにしましょう。自殺にまで追い込まれるのは、ヤミ金からのやくざまがいの請求に耐えかねて、明日になるのが怖くなるからです。古今東西、人類はこのお金のために命を落としてきました。
■今日は今問題になっている「シャエアハウス」の投資についての続編です。
 まず投資をする際には、その投資先の実体を十分に調査する事が必要です。最近は、様々な投資形態が見受けられるので、必要に応じて専門家に尋ねることが大事なことだと思います。ですが、専門家の顔をして投資の話をされれば、気持ちが動くものです。ですが「そんな甘い話はない」と常日頃自分を戒めることです。
 しかし 、現実に多額の債務を負ってしまった場合には、早急に法律事務所などに相談に行くことが重要です。どのような法律事務所にいけばよいかが分からない場合には、都道府県・市町村が開催している無料法律相談に行って、細かい相談をすることが出来ます。ただし、今回問題になっているスルガ銀行がらみの投資話は、自分で「騙された」と思ったら警察です。
 この掲示板を利用することもできます。
 以上、先ず返済不可能な債務を負担しないような努力が大事であること、そして多くの債務を負担してしまったら、一人で悩まず、弁護士に早急に相談することです。解決の入り口は法律事務所のエントランスを一歩踏み込むことです。

http://6161.jp/



[8]  投資の際の注意

投稿者: 弁護士  投稿日:2018年 4月17日(火)13時39分18秒   通報   返信・引用

 近時、「かぼちゃの馬車」を巡って多くの破産者が出てきていますが、これは結局不動産についての投資の問題です。
①不動産のように、高価なものを購入する際には、売主がどのような者であるかを、入念に調査すべきです。例えば売主が経済的に思わしくないとう場合には、注意を要します。
②購入する物件の対価が高すぎないか、まともな建築がなされているかなど、よく調べることが必要です。
 このような注意を怠ると、結局予期せぬ多くの債務を負うことになります。
③また、不動産のみならずその他のものに投資する場合は、自己の収入の3割が限界であと、銘記しておきましょう。

http://6161.jp



[7] 具体的な解決策を提案することができます

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 3月22日(木)14時24分58秒   通報   返信・引用

一人で悩んでいても解決はできません。借金の内容がわかれば解決策をご提案します。解決のための第一歩です。■解決策は無料で提供しています。


http://6161.jp/pg279266.html

http://6161.jp/



[6] Re: はじめまして・・・

投稿者: 弁護士竹内俊雄  投稿日:2018年 3月22日(木)14時21分38秒   通報   返信・引用 > No.5[元記事へ]

> 掲示板って不慣れなのでよくわからないのですが、新規記事投稿をクリックしてから、相談を書けば良いですか?
その通りです。
> 誰かに見られたりしませんか?。掲示板に投稿すると掲示板を見た人に見られます。。直接soudan@
6161.jp
までご連絡ください。

http://6161.jp/


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.